【天気の子】ネタバレ感想/批判覚悟のラストと賛否両論の理由!!10代に観て欲しい一途な愛の物語

『君の名は。』で一躍脚光を浴びた、
新海誠監督の最新作『天気の子』

もうみなさんご覧になりましたかね?
いかがでしたか?

ワタガシは公開翌日に観に行ったのですが、
映画館は超激混みで、天気の子のシアター内はもちろん満席でした。
それだけ世間の関心を集めている話題作ということですよね!!

新海誠監督が言うには、
あえて前作より批判される作品にしたかったとのこと。

「君の名は」で大ヒットを飛ばした新海監督の次回作…
普通なら作品へのプレッシャーは並々ならぬものだったかと思います。

それにも関わらず選んだ、「批判覚悟の結末」とは?

このラストシーン、個人的にはありでした。
主人公というよりも、監督に対して
よくその結末を選んだなあ~という気持ちです。

ワタガシ的には、そんな注目の結末よりも
ストーリーの方にいくつか疑問に思った部分がありました!
そこが賛否両論の理由にもなっているんじゃないかと思うのですが。

批判覚悟のラストシーンと疑問点については感想部分に、
ワタガシの思う賛否のワケ終わりににまとめています。
良ければ最後まで読んでみてくださいね^^

今回はちょっと感想が多めですw

あらすじ




「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。
離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。
そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。
映画.comより引用

離島から東京に出て来た主人公の少年、
森嶋帆高の声は醍醐虎汰朗さんが、

帆高が東京で出会う、「晴れ」を操れる少女
天野陽菜の声は森 七菜さんが演じています。

どちらもこれからの活躍が期待される若手俳優さんです!
(森 七菜さんは3年A組-今から皆さんは、人質です-にも出てましたよね〜)

他にも小栗旬さん、本田翼さん、平泉成さん、
梶裕貴さん、倍賞千恵子さんなどが声の出演をしています。

新海監督の作品の声優陣は
そのまま実写化が出来そうなくらいの豪華さですね〜!


今作のメッセージ

私が思う今作のメッセージは
『一途な愛が世界を変える』ということ。

主題歌でも「愛にできることはまだあるかい」って
問われ続けてますからね…

CMで聞く度、耳に残るなあと思っていたのですが
作品内ではもちろん、
帆高から陽菜への愛が最も高まるシーンで流れます!

新海監督は「感情の一つ一つが鋭い若い世代」に
刺さる映画を作りたかった
そうです。

若い頃は色んなものを吸収できるし、一方で意図せずとも吸収してしまうので
どんなものに触れるかは凄く重要ですよね。
そういう吸収力の高い世代の、人生を変える映画を作りたかったんだと思います。

シンプルなメッセージに
心が動く人若者たちも多いんじゃないでしょうか。


見どころ

輝く雨の映像美
言うまでもないとは思いますが、
新海監督作品と言えば!の美しい映像が今作でも楽しめます。

「天気の子」というタイトルから分かるように
天気の描写がたくさんあるのですが、雨の描写がとにかく美しかった。

道路にはねる雨。
晴れ間がのぞくビル街の様子。
空の魚の描写…。

激しい雨も小雨も自由自在に描き分けられるのは
凄い技術ですよね!!

また、個人的に印象に残ったのは
夏祭りのシーン、花火のアニメーションです。

花火、といっても
地上から花火が上がって空で弾ける様子 を描いているのではなく、
空高い位置で花火間をすり抜けて行くようなカメラワークなんです。

これはアニメだからこそ描ける視点だと思います。

実写でやるとしたら、結構大掛かりな撮影になるのでは…
すごく観てみたいですけどw

また、東京の街の細かな描写は今作でも健在です。
聖地巡礼に行きたくなる人も多いんじゃないですかね。

音楽と映像との融合
今作の音楽も「君の名は。」と同様、RADWIMPSが担当しています。

美しい映像と音楽が相まって
重要なシーンがさらに印象深いものになります!

「愛にできることはまだあるかい〜♪」
「大丈夫になりたい〜♪」など

ついつい口ずさんでしまうのは
歌詞と音楽のセンスが素晴らしいからですかね。

映像と音楽がここまで相乗効果を生むのも
新海監督作品の凄いところですよね。

感想


※これ以降、物語の結末に関する重大なネタバレがあります。ご注意ください※

批判覚悟のラスト

物語の中盤、天候の調和を元通りにするには、
陽菜を空に捧げなければいけない
ということが判明します。
(天気を操れる力の代価として、生贄的なことですね…)

それを知った帆高は葛藤します。

東京を降り続ける雨から救うこと=それは陽菜を失うということ。

帆高は2つを天秤にかけ、、
陽菜の命を救うことを選びます

その結果、東京は雨が降り止むことのない街となり
作品で描かれた3年後の東京は、低地が水没してしまっていました!

東京に住む人たちもマンションに移り住んだりして
苦労している様子です。
このまま行くといつかは東京全てが水没してしまうかもしれません。

それでも帆高は陽菜を選んだ。
一人の命と引き換えに、世界を救うことを諦めた。


愛を選んだことで、
世界が変わってしまったのです

これは2人だけの秘密です。


この選択を新海監督は批判を呼ぶ内容、と考えたようですが、
私は凄くいいんじゃないかと思います。

他者の目や世間体など考えずに
他の人なんてどうでもいいから、自分は好きな人と生きていきたい。
その気持ちをただただ感情のまま優先した結末。
めっちゃ青いですよね!若いですよね!!笑

でもそれでいいんじゃないかと思います。
それくらい、必死になる気持ちって人生において大切な事。
10代の少年少女なので
もしかしたら、帆高と陽菜は3ヶ月後には別れてるかもしれないけど 笑

ほんの短い間だとしても、誰かを真剣に好きになったり
誰かの為に必死になることは格好悪くても素敵なんだよ

若い世代に伝えたかったんだと思います。

普通、作り手側は綺麗にまとまる結末を選びがちかと思うので
陽菜も救えるし、なんだかんだ東京のピンチも救えちゃう、っていう
ミラクルラッキーな展開がありそうなのですが

陽菜を取ることで、東京が悲惨な状況になったっていうラストは
意外性もあって、いいんじゃないでしょうか!

まあ、20代の私には共感はできなかったのですが 笑
ちょっとこれで感動するには歳を取り過ぎてましたね!
「頑張ってんなー」って、なんかすごく冷静に観てしまったので…
若いときに観ていれば、もっと胸に響いたかなーーーって思いました。

この間も映像美は凄いので
映像を楽しみたい方にはぜひぜひ観て頂きたいです。

解決されなかった謎たち
観終わったあと、正直
3時間あったところ、カットして2時間にまとめたんじゃ…
と思うくらい、謎が多く残りました。

特に 小道具が上手く使い切れてなかった 気がします。

例えば
・陽菜の首のチョーカー(いつの間にか壊れてた)
・空の魚(結局一切説明は無かった…)
・手錠(これ、意味あったのか?)

とかでしょうか。
まあ、チョーカーの意味とかはなんとなく予想はできるのですが。
明確な描写はなかったです。
小説版とか読んだら書いてあるかもしれないですね。

あと 帆高が離島から東京に出て来た背景が分からなかった
ですねー。

親と上手く行ってなかったのかな? とか
都会に憧れてたのか? とか
鑑賞中考えていたんですけど、結果分からなかった。。

ここは主人公の直接的な魅力に繋がる部分だと思うので
作品内でどうしても描いて欲しかったです〜。

これらのストーリーに残る解決し切れていないモヤモヤが
賛否両論の理由になっているのではないか
なと思います。


あと謎ではないのですが、「ジブリ感」が強かったです。
今作の色んなシーンでジブリ作品を彷彿とさせられました。

題材が天気・空という不変的な物なので
観客が勝手に連想しているだけかもしれませんが。

空の魚はポニョを連想しましたし、
天空(雲の上)の描写からはラピュタを、
帆高と陽菜が空から落ちるところは
千と千尋の神隠しを思い出しました。
(千尋とハクが手を繋いで落ちて行くシーンですね^^)

監督はインタビュー記事等で若い頃に
ジブリ作品にも影響を受けたっておっしゃっていたり、
新海監督の過去作品『星を追う子ども』でも
そのような話題があがっていたみたいですね!

やっぱり日本のアニメーションとジブリは
切っても切れないものなんだな〜
と再確認しました!


終わりに

私は『君の名は。』を最高に面白いと思った人間です。

話題になる前にたまたま観に行って、
OPみたいな感じで「夢灯籠」が流れ出した時に
「これ…すごい映画かもしれない…!」って鳥肌がたったのを
今も覚えています。

だからどうしても比較してしまって…。
正直に言うと『天気の子』は『君の名は。』程じゃなかった。

でも『君の名は。』はエンタメ作品として万人受けするように
綺麗に作られたものだと思います。
それに比べると今作は、観客にどう思われるかを気にせず
より、監督の作りたいものを形にしたのかなと思います。

(インタビュー記事で「君の名は。」の次の作品だけど、
プレッシャーはなかった」というようなことを言っているのを見つけて、
まじか!( ゚д゚ )と思ったんですが、作品を観て納得)

その証拠に、過去の新海作品が好きな人は
今作も凄く良かったと言っていましたね^^
新海作品の良いとこどりの集大成という感じのようです。

私は全て観た訳ではないのですが
『言の葉の庭』で描かれた雨の描写がパワーアップしてたりしたので
なるほどなあと思いました。

この機会に、新海監督の過去作も観てみようと思います!


最後まで読んで頂き、ありがとうございました☁

この記事へのコメント